研究室の概要
研究

 私たちの研究室では 生物時計 の研究を行っています。 生物時計は我々人間でも大変重要な働きをしているのですが、それだけではなく、動物、植物、バクテリアなど、ほとんど全ての生物に見られる現象です。 洞窟の奥や深海にすむ生物を除けば、すべての生物は24時間周期の昼と夜の中で生きています。 我々が時計をいつも身に付け、時刻を知ることで生活していることを思い起こせば、動物、植物あるいはバクテリアでも時計によって生活を調整することが有利なことは明らかです。 このような事情で、生物は進化の過程で約24時間周期の生物時計(専門的には概日時計といいます)を細胞内に備えるようになったと考えられています。

 我々はこの生物時計の仕組みを理解することと、生物時計が生物の生活をいかに豊かにしているかを理解したいと考えています。 現在では研究が進み、動物、植物、カビなどで時計遺伝子が発見され、それを中心としたメカニズムの解析が進んでいますが、我々は最も単純な生物時計を持つ シアノバクテリア を使って研究を主に進めています。

 シアノバクテリアは光合成に依存して生活するバクテリアですが、我々は1996年頃、3つの遺伝子がその生物時計の中心であることを見つけ、回転の回から kaiA, kaiB, kaiC と名付けました。 その後の解析で、分子レベルで多くのことが判り、現在では最も研究の進んだ生物と言えるでしょう。 また、シアノバクテリアの生活がkai遺伝子による生物時計に深く依存していることも明らかになってきました。 このホームページではこれまでの研究と今後の見通しが説明されていますので、じっくり読んでいただけると幸いです。